伊藤真一ライディングスクール(20150701) リポート

7月1日(水)筑波サーキットのコース2000で、TMCS振興会主催の伊藤真一ライディングスクールが開催されました。あいにくの雨天にも関わらずキャンセルされた方は少なく、合計51名のライダーさんたちが参加してくれました。

それではスクール風景を始め、参加された方々のご紹介などをリポートしますので、どうぞご覧ください。

まずはサーキットホールで伊藤真一インストラクターの座学から始まりました。車両やタイヤ開発秘話などを交え、ハイレベルなライディングの講義はなかなか聞くことのできない、興味深い内容でした。またQ&Aタイムでは生徒さんたちから多くの質問が…伊藤真一による座学

 

美味しい昼食を摂ったのち、いよいよA/Bグループの慣熟先導走行から開始です。残念ながら雨止まず…Aグループ ピット前

 

この雨の中、伊藤真一インストラクターは第1ヘアピンの内側にて各ライダーの走りを観察してくれます。伊藤真一 第1ヘアピンにて

 

ウエットのサーキット走行は慎重に… と言っても、いつもの公道とは違いハイスピードです。雨のS字カーブ

 

フリー走行では伊藤真一インストラクターがレインウエアに身を包み、参加ライダーさんと一緒に走行です。伊藤真一ライダーもレインウエアで

 

走行後は伊藤真一イントラのアドバイスタイムも設けられました。 参加ライダーさんたちは緊張のサーキット走行後、濡れたウエアでも真剣に話に聞き入ります。走行後のアドバイスはピットの中で

 

== 今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。 ==

〇CBR250Rでご参加のT.K.さん「ST600に参戦している友人の影響でサーキット走行するようになりました。このバイクはサーキット用として買いました。今日は筑波サーキットライセンスも取得します。」CBR250Rでご参加のT.K.さん

 

〇筑波の走行会は参加経験ありという佐々木さん。ライディングスクール初参加、ドカティ996Rで走ります。
「今日はライセンスも取得します。」ドカティ996Rと佐々木さん

 

〇BMW-HP4で参加の坂田さん。ライディングスクールは前回の北川圭一ライディングスクールに続いて2回目です。サーキット走行を楽しみたいので、様々なサーキット走行会に参加しているとのこと。「来週はもてぎに行きます!」BMW-HP4 坂田さん

 

〇30年来大切にしている愛車ドカティMHRとご参加の堀江さん。筑波サーキットでのMCFAJクラブマンレースにも出場してます。ドカティMHR 堀江さん

堀江さんのベベルギアのドカティには、当スクール校長の 神谷忠も興味津々。ドカティ談義

 

〇MV AGUSTA BRUTALEでご参加の羽成さん(左)。バイク歴は30年「高校生の時は暴走族(笑い)でしたよ。でもサーキット走行の楽しさを知ったのはここ3年」「今は楽しくて楽しくて、サーキットに来る時はワクワクです」
吉田さん(右)はZX-10Rで、ライディングスクール初参加。「ミニバイクレースに出場したり、バイク歴は長いのですが、大型バイクでサーキット走行を楽しむようになったのは最近です」
お二人とも10月に開催される「原田哲也ライディングスクール」に既に申込み済とのことです。羽成さん、吉田さん

皆さん、雨の中のご参加どうもありがとうございます。

おまけで 今回のインストラクター全員で集合写真を撮りました。雨上がりのサーキット、なんだかイイ雰囲気ですね。
ちなみに左から小室旭、坂田和人、川島賢三郎、伊藤真一、今野由寛、松田光市、佐久間正彦という豪華なメンバーでした!instructors