青木宣篤ライディングスクール(20161123)リポート

11月23日(祭)朝方まで降っていた小雨も止み、ドライ路面の筑波サーキット コース1000にて、TMCS振興会主催の青木宣篤ライディングスクールが開催されました。今回は64名のライダーが参加という大盛況です。

まずは青木宣篤メインインストラクターが、開会式でご挨拶。

imgp0425-s

そしてフラッグなどのサーキットルールやマナーなどの講習となります。
imgp0440-s

走行前パドック風景imgp0450-sパドックにてイントラ車のチェック、参加ライダーもマシンチェックです。imgp0461-s

ちなみにTMCSのライディングスクールはサーキット走行の経験の浅いライダー、Aクラス、そしてスキル順にB、C、Dと4クラスに分かれています。

まずは先導慣熟走行、緊張のAクラスピット前です。
imgp0441-s

お次はBクラス慣熟走行。imgp0447-simgp0465-s imgp0470-s

1回目の走行後に早々と質問しているライダーさんも。熱心ですね。imgp0456-s
Cクラス慣熟走行。imgp0477-simgp0515-s
インストラクターたちは、走行の合間にカリキュラムや進め方などについて談義します。imgp0479-s高田インストラクター 慣熟走行後にパドックにてレクチャー。
imgp0534-s

梨本インストラクター Dクラス先導へ、スタンバイ。imgp0532-s

Dクラス慣熟走行へ。imgp0533-s imgp0538-sサーキット経験者ばかりのDクラスは、慣熟走行でも結構なスピードで追従してくれます。 imgp0572-s

青木宣篤インストラクター、まずはコースの外からライダーたちの走りを観察してます。imgp0583-s
全クラス慣熟走行が終わったところで、青木インストラクターのレクチャーです。
imgp0591-s皆 真剣に聞き入ります。 imgp0603-s

本日の特別ゲスト 日本のレーシングライダー草分け的存在、大久保  力 氏(中央)と神谷  忠 特別講師(右)、そして川島インストラクター。imgp0615-s

松田インストラクター パドックにてレクチャー。
imgp0618-simgp0617-s

青木インストラクターがいよいよコースインです。imgp0639-s
参加ライダーのみならず、インストラクターまで青木宣篤の走りを見学です。
imgp0682-s imgp0697-s imgp0723-s imgp0738-s青木インストラクター、コースでも見せてくれます。 さすがmotoGPマシンのテストライダーですね。imgp0744-s

各クラス走行の都度、パドックにてレクチャーは行われます。坂田講師も真剣な眼差しで質問に答えてます。imgp0705-s imgp0759-s

青木宣篤デモンストレーションランです。imgp0772-sこんなに近くで走りを見るなんて、なかなか出来ない経験です。 imgp0773-s

本日の昼食お弁当です。生徒さんには好評なので嬉しいです。毎回美味しいお弁当よ用意してます! 大事なポイントですよね。imgp0785-sお昼休み、イントラたちもしばしの休憩。imgp0787-s梨本塾軍団も盛り上がってます。imgp0612-sスズキの先輩が後輩にパンチ!! 何だか仲よさそう&楽しそうですね~。imgp0791-s

みなさん、昼過ぎの走行へ向けて準備中です。imgp0792-s

川島イントラ Aクラスフリー走行で、いわゆるパトロール中です。imgp0805-s imgp0815-sAクラスフリー走行では青木イントラも走りました。 imgp0836-s imgp0839-s

Bクラス フリー走行imgp0860-s imgp0870-s

Cクラス フリー走行imgp0891-s imgp0896-s imgp0898-s imgp0905-s imgp0920-s青木イントラ フリー走行でもストレートでまたまたこの走り。生徒さんからは歓声があがっていました。 imgp0922-s

小室インストラクター、個々の質問にも答えます。
imgp0938-s坂田インストラクター、 椅子を使ってポジションについてレクチャー。 imgp1049-s
コース図もこの通り、イントラさんたちのラインの書き込みでこんなになりました。
imgp0888-s

Dクラス フリー走行imgp0962-s imgp0980-s imgp1027-s

imgp0885-s

青木インストラクター、全員を集め再度レクチャーです。imgp1062-s imgp1069-s

恒例のスタート練習もありました。imgp1096-simgp1089-s imgp1094-s

青木宣篤メインインストラクターimgp0946-sインストラクター全員集合です。imgp0783-s

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。

== 今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。 ==

〇 中野大輔さん、恵さんご夫妻。TMCSのスクールは初めてのご参加。お二人のバイクはいずれもサーキット仕様、「いつもサーキットの走りを楽しんでいます。」 ツーリング用のバイクが別に2台ある、というのも驚きです。imgp0624-s #2 CBR1000RRと大輔さん。imgp0806-s #3 ZXR400と恵さん。imgp0807-s

〇 CBR250Rでご参加の泉水朝樹さん。バイク歴は30年、年間で2~3回はサーキット走行を楽しんで、サーキット歴も10年になるとのこと。「独学よりやはりスクールに通った方が良いかな、と思い参加しました。」imgp0761-simgp0877-s

〇 GSR750でご参加の鹿嶋晴美さん。バイク歴は22年、サーキット歴も12年。「イベントレースに参加したり、サーキットライフを楽しんでいます。」imgp0605-simgp0859-s

〇 こちらも女性ライダー千葉昌代さんはTMCSスクール初参加です。リターンライダー、サーキット歴も4年とのことで、Ninja250SLは完全サーキット仕様でした。「公道は走らないって、決めてます。」imgp0606-s imgp0892-s

〇 DUCATI1199panigaleで参加予定でしたが、「朝雨が降っていたので、急遽ツーリング用のKTM 690DUKEにしてきました。」とおっしゃるY.Y.さん。ライディングパーティとかで走っていますが、TMCSライディングスクールは初参加です。imgp0609-s imgp1092-s

〇 サーキット歴は6~7年、DUCATI monster 796 (サーキット専用)でご参加の大木幹雄さん。「いつかレースに出てみたいなぁって思ってますが、まだまだです。」と楽しそうに仰いました。imgp0610-s imgp0980-s-no69

今回参加のライダーは、女性も男性もサーキット仕様車を持ち込んでいる方が多く見受けられました。コース1000はテクニカルなコーナーが多く、なかなか楽しいライディングを満喫できたのではないでしょうか。

2016年今年1年、たくさんのご参加ありがとうございます。

来年もTMCSライディングスクールにどうぞ奮ってご参加ください。