水谷 勝 ライディングスクール(20170416)リポート

スクール当日は快晴。春本番といった気候で絶好のサーキット日和でした。

今回は定員いっぱいの満員御礼。まずは開会式での水谷さんの挨拶、フラッグなどの講習と続きます。

神谷さん挨拶

水谷さん挨拶

講師陣

 

 

 

まずはAグループの慣熟先導走行です。Aグループは初心者の方も多いので、ちょっと緊張気味?

 

Bグループ ピット前に集合です。

続いてBグループの慣熟先導走行

 

水谷勝イントラもすでにツナギ姿でスタンバイ

 

Cグループ ピット前集合と順調に進みます。

サーキット走行経験者が集まるDグループ ピット前集合です。

Dグループもまずは慣熟先導走行

 

パドックでは川島イントラがライディングのレクチャー

コース図を使い走行ラインを教えてくれたりします。

さあ水谷勝イントラがGSX-R1000で出動、コースの中から受講生の走りを見ます。

水谷勝デモンストレーションランを生徒さんがコースのイン側から見学です。

こんなに間近で走りを見ることは勉強になりますよね。デモ欄終了、みんなで水谷さんに拍手~

好天のコース1000は筑波山もひときわ近く見えます。

お昼休みはコース上で記念撮影。普段は出来ないことですね。

川島イントラも水谷さんと はい!記念撮影
本日のお弁当。なかなか美味しかったです。

ライダー全員を集め、水谷さんのレクチャー。この後ろ姿、気になりますね~。この水谷模様?プリントじゃなくて縫いものです。

走りを重ね、各クラス徐々にコースにも慣れてきました。ここでは皆さんの走りをみてみましょう。

まずはAグループのフリー走行です。

ちょっとした合間にも水谷イントラに質問します。皆さん熱心です。

次はBグループのみなさんの走りです。

経験者も多いCグループの走り。 フリー走行中もインストラクターが受講ライダー1人1人を先導します。

走っていないライダーは他のクラスの走りを見学。

Dグループの走り。経験者ばかりなのでキマッテます。 すべてのクラスでサブイントラを受け持った小室インストラクター。ちなみに全日本開幕戦の筑波ラウンドGP3クラスで見事2位をゲットしました!

水谷イントラもフリー走行に参加!

 

 

恒例のスタート練習でレースの雰囲気を味わいます。

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。

 

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇友人同士でご参加のシノラーさん(左・WR250X)と水野さん(右・MT-09) シノラーさんは30年のブランクからのリターンライダー、「以前は中型免許でしたが、3年前に大型も取得しました。」とのこと。水野さんは「次のスクールも申込み済です。」お二人とも本当にサーキットを走るのが楽しくてしょうがないって感じでした。

 

〇TZR250RSでご参加の石井浩二さん、TMCSのスクールは3回目のご参加です。草レースに出場することもあります。奥様はこのスクールへの参加を快くOKしてくださるとか・・。Yutubeに前回のスクールの動画をupしてるそうです。

 

〇月に3回ペースでサーキット走行をしている村雲孝彦さん、GSX-R1000L1でご参加です。「TTレースに出場しましたが、ザンパイしたので、もっと頑張ろうと思って」と、走りにも気合が入ってます。

 

〇瀬尾訓生さん、スクール初参加です。10年のバイク歴の大半がDOCATIライダーとのこと。DOCATIファンのご友人の誘いでご参加されました。バイクは勿論、DOCATI 848。

 

〇岡村優子さん、バイク歴8年サーキット歴は2年です。「袖ヶ浦で転倒して大怪我をしたこともあったけど、怖さはないです。もっとうまくなりたい!いつもはVTR250で練習してます。今日は彼氏のCBR1000RRなので、ちょっと慣れなくて・・」と仰いながらなかなかの走りでした。

 

〇GFS1200でご参加の石田守一郎さん。サーキットは今回が初めて、でも16才でバイクの免許取得してから40年ずーっとバイクに乗り続けています。「リターンライダーじゃないですよ、バイクを降りるなんて考えられない。」っていいですね~!

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

次回は5月24日北川圭一ライディングスクールでお会いしましょう。