青木宣篤ライディングスクール(20171123)リポート

2017年度最後のライディングスクールは筑波サーキット コース1000、朝8時の時点ではレインコンディションで始まりました。

今回のメインインストラクターは、ご存知青木宣篤。MOTOGPマシン、スズキGSX-RRのテストライダーとしても有名ですね。

雨脚が強いので、朝の開校式とブリーフィングはガレージの中で。アメニモマケズ参加されたライダーたちでいっぱいです。

神谷 忠スクール校長は今回、青山 博一選手の結婚式に出席のためお休みです。川島 賢三郎インストラクターがその代役を努めます。

本日のインストラクターの面々。五百部 徳雄。

高田 速人

梨本 圭

坂田 和人

松田 光市

笹原 隆男

小室 旭。以上、今回も豪華なインストラクター陣です。

インストラクター全員が朝の挨拶で「こんな雨ですが、青木メインインストラクターが雨を吹き飛ばすような面白い話をいっぱいしてくれます!」と言うので、青木メインインストラクターは苦笑い。

まずはサーキットの基本ルールを説明。

天気予報では昼頃に雨があがるようなので、急遽タイスケ変更。青木宣篤イントラによる座学(面白い話も含む?)をミッチリ1時間。質問タイムもたっぷり設けました。これをコース1000のタワー2階でABクラス、CDクラス、2回に分けて行い、大好評でした。窓の外は雨が降っていますが、部屋は皆さんの熱気100%(?)

この日のピット風景。お昼過ぎからの天気の好転を信じて、タイムスケジュールを組み直し。まずは昼食タイムとなりました。走行時間もなるべく減らしません。本日のお弁当も美味しかったですよ。

期待通りちょっと小降りになり、いよいよAクラスから先導走行

Bクラス先導走行

1回目の走行が終了したAクラスはパドックでレクチャー

今朝の大雨でも欠席者ゼロのCクラス、余裕のピット前です。Cクラス 先導走行。

インストラクターも皆レインウェア姿。Dクラス 先導走行。

天候回復、2回目からは少しずつ路面状態も良くなって・・・。Aクラス ピット前。青木インストラクター先導走行。

晴れてきたので、みんなゾロゾロとコース見学に出てきました。

パドックにてレクチャー。高田インストラクターのキメ細やかなアドバイスは初心者クラスのライダーには安心ですね。

Bクラス フリー走行

コース内ではイントラが待機して、個々に先導走行を行います。五百部イントラ待機中。

コースで走行が続く中、パドックではインストラクターに直接質問する生徒たち。皆さんとっても熱心です。

各クラス、フリー走行中もインストラクターが個々に先導します。

2回ずつのフリー走行が終了したところで、青木宣篤ミーティング。太陽が出てきたピットで全員集合。ミーティング終了後も青木イントラは至る所で引っ張りダコ。青木イントラのいる所、質問の人垣が出来てしまいます。

本日の代理校長の川島と青木イントラの2ショット。あれっ、なんか変ですか? 詳しくは後のイントラ集合写真で…

1番ピットの中はインストラクターたちがこんな雰囲気で話してます。無理やりのパノラマ(?)フォト

コースコンディションも良くなってきました。Cクラスフリー走行。
Cクラスに大人気、梨本インストラクター。

Dクラスは全体にハイペース走行。

Dクラスを先導、小室イントラ。

坂田イントラバトル始まりました。

朝の天気からは想像できないくらい、コースが光ってます。

恒例、青木宣篤インストラクターによるデモンストレーションラン。

青木イントラ自ら持ち込んだバイクは新型のGSX-R1000R、皆さんの注目の的でした。バイクを囲んで、ハイ、チーズ!

午前中の雨から、あっという間に晴天となった今回のスクール、臨機応変にタイムスケジュールを変更したので、生徒さんたちにとっても得るモノがたくさんあったと思います。色々なコンディションで走れるというのは、サーキットだけでなくセーフティライディングの基本ですね。

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。ちなみにこの写真で川島と青木の身長差がわかりますよね(笑)。

 

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇KTM200DUKEでご参加の中村早起さん。「まだサーキット走行経験は1年くらいです。コース2000はまだちょっと怖いですが・・・」コース1000でのTMCSライディングスクール参加は2度目です。お兄さんと可愛い甥っ子ちゃんが付き添いです。

〇ご夫婦でご参加は川上寿人さん、歩美さん。愛車は同じくRVF400。サーキット走行を始めて、走行会などに参加していましたが、お二人で参加したのは今日が初めてとの事。「雨でしたが、その分ためになるお話がたくさん聞けたので良かったです。」と仰っていただけました。

〇昨年HPでご紹介したスクール常連、山澤さん(右)とMV AUGUSTA仲間でご参加の細貝知幸さん(左)。サーキット用はこのF3-675ですが、街乗り用はBMW K1200Rとの事。「バイクしか趣味がないから」と、お二人は30年以上のバイク仲間です。

〇雨の中、GSX-R750で自走でいらっしゃった井上雅宏さん。リターンライダーで10年、サーキット歴は2年です。TMCSのスクール参加は2回目です。帰りは晴れて良かったですね。

〇GSX-R1000Rでご参加のY.W.さん。「しばらくバイクに乗れない時期があり、復帰した機にサーキットを走り始めました。」一昨年の伊藤真一ライディングスクールの時、ライセンスを取得、それから時々サーキット走行を楽しんでいるとの事です。タイヤウォーマーも準備して本格的ですね。

〇オマケ:スクールスタッフもスクールデビューしました。その名もサキト君。(妹の名前はスズカちゃん。ホントですよ。)

2017年度のスクールは今回が最後です。皆さん、来年もぜひご参加ください。

2018年度スクール開催予定は「スケジュール」でチェックできます。