tmcs のすべての投稿

清原明彦ライディングスクール(20181123)リポート

11月23日(祭)今季最後のTMCSライディングスクールは晴天の筑波サーキットコース1000で開催されました。メインインストラクターはミスターカワサキこと、レジェンドライダーの清原明彦です。

初めにインストラクター陣の紹介です。
当スクール校長、神谷 忠。

川島賢三郎インストラクター

五百部徳雄インストラクター

梨本 圭インストラクター

坂田和人インストラクター

松田光市インストラクター

小室 旭インストラクター

笹原隆男インストラクター

まずは小室インストラクターによる サーキット走行の基本の講義から

笹原インストラクター 持ち込みの本日のマーシャルバイクは…
前2輪の大型3輪バイクYAMAHA  NIKEN(ナイケン)

コースコンディションもバッチリ、まずはAクラス(ビギナークラス)の慣熟先導走行から始まります。

続くBクラスの慣熟走行に備えてピット前に集合です。Bクラス慣熟先導走行。

Cクラスも慣熟走行に備えてピット前集合です。

Cクラスの慣熟先導走行、まずはタイヤをしっかり温めて… 梨本イントラが先導します。

左から五百部、清原、川島イントラ。昔話に花が咲く?

Dクラス、サーキット走行の経験が豊富な方が多いクラスです。

Dクラス慣熟先導走行、坂田イントラがちょっと速めに引っ張ります。

清原インストラクターもコースイン

1回目の走行が終わった時点で清原イントラによるワンポイントレッスン

本日は二輪界の重鎮たちもお集まりです。中央は当振興会の理事でもある、大久保 力さん。日本の2輪レース界の草分け的存在です。

Aクラスは高速先導走行へ。川島イントラが引っ張ります。

Bクラスも2回目の走行は速先導走行です。

笹原イントラ がNIKENで先導走行。

Cクラスの2回目の高速先導走行、後半はフリー走行となります。


Cクラスの先導車は笹原イントラ+ NIKEN。ちなみにHDRの写真失敗したわけではありません。

最上級者クラス、Dクラスは高速先導走行の後にフリー走行は。ペースも速いですね。

各クラス2回目の走行が終わったところで、清原明彦インストラクターによるデモンストレーションランが行われました。生徒たちはいつものように最終コーナーのイン側で見学です。

雲ひとつない最高の天気、筑波山もクッキリです。

 

ここで昼食タイム。本日のお弁当はこちら。
インストラクターの面々も美味しいお弁当に舌鼓

昼食後、Aクラスはピット前集合、3回目はいよいよフリー走行です。

走行終了後はパドックでAクラス担当の川島インストラクターがレクチャー。

Bクラス3回目、フリー走行

フリー走行中も清原イントラは生徒を先導走行

Cクラス3回目走行、フリー走行。さすがに上級クラスとあって、上手な方が多いですね。

Dクラスのフリー走行待ち。
最上級者のDクラスはサーキット走行に慣れているライダーばかり、今日のコースコンデションは最高ですね。

清原、川島、小室イントラ。

ここで再び清原昭彦ワンポイントレッスン

恒例のスタートスキルアップレッスン。MOTO GPなみにシグナルを使用してのブラックアウトスタートです。安全を考慮して1列3台ずつ行います。
残り1本、フリー走行。皆さん、落ち着いて走りましょうね。
各インストラクターもコースインで皆さんの走りをサポートします。

 

インストラクターの皆さん、お疲れ様でした。

 

===今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。===

〇Triumph Street Triple RS でご参加の粟野幸子さん。チームマリのレディススクールのよく参加しています。愛車のトライアンフのお店の方に清原スクールを勧められTMCSスクール初参加です。「男の人たちにどんどん抜かれるのがちょっと怖かったです。」でも頑張ってました。

〇TMCSスクール3回目の長 行洋さん。「関東近辺のワインディングを楽しんでいましたが、ここ4~5年はサーキット走行ばかりになりました。」白糸スピードウェイのライディングスクールにもよく参加されるそうです。長さん CBR250R(MC19)の走りです。

〇佐々木哲也さん、バイク歴30年、TMCSスクールは3~4年参加されている常連さんです。愛車のZZR1400をとても綺麗な赤に塗装していますね。「だから転倒したらお金かかる(笑)」とおっしゃってました。

〇浅見英明さん、バイク歴40年、当スクールには2年くらいのご参加です。ご友人の佐々木さんと同じく常連さんです。若い頃はMCFAJのレースにも参戦していらしたとのことでした。浅見さん、Triumph Daytona675の走りです。

〇BMW1000RRでご参加の寺尾公秀さん。リターンライダーで8年、お若い頃はNZラリーにも参戦していたツワモノです。「四輪と二輪、ダートとサーキットは全く別もんですよ」バイクは7~8台所有していてツーリングも楽しんでいらっしゃるとのことでした。

〇TMCSライディングスクール初参加の深町 健さん。20年間大切にしてきたZX-9Rでご参加です。もう1台所有しているのもZX-14R、「根っからのカワサキ党です。」

〇DUCATI 1299panigaleでご参加の大島雅弘さん。20代の時に事故でリハビリが大変だったのでバイクに乗ることをやめてしまい、リターンライダーとしては3年目です。「今はサーキットしか走りません!」なかなかのアグレッシブな走りです。大島さん、ひじが路面につきそうな走りです。

皆さん、今年もTMCSライディングスクールにご参加ありがとうございました。
来年度のスケジュールはコチラから確認できます。
また来年、筑波サーキットでお会いしましょう。

オマケ:あまりに天気が良くて200mmの望遠レンズで青空を撮っていたら、「あっ、飛行機が!」そして拡大してみたら、SWISS Air!!

※2018年最後のスクールでしたので、なるべくご参加の方の走り写真を掲載しようと試みましたが、「写ってなかった方、ごめんなさい。」

11/23開催の清原明彦ライディングスクールの受理書を発送いたしました。

ご参加の皆様

本日(11/13)、TMCS 清原明彦ライディングスクールの受理書を発送いたしました。
受理書をよくお読みになり、裏面のチェックシートも記入して当日お持ちください。

平成30年11月23日(祭)午前7時50分集合(時間厳守)
筑波サーキット コース1000(雨天決行)

当日の緊急時連絡先:0296-44-3146(筑波サーキット)

連絡可能なメールアドレスをご記入いただいた方々にはメールにてもお知らせしています。
なお、数日経っても受理書が届かない方は事務局にご連絡ください。

詳しくは清原明彦ライディングスクールのお知らせをチェックしてください。

中野真矢ライディングスクール(20181014)リポート

10月4日、昨晩の雨がちょっぴり残った筑波サーキットコース1000。今回のメインインストラクターは世界GP250ccクラスやGP500ccクラスで大活躍した中野真矢です。現役時代は王子というネーミングだった中野真矢、笑顔が爽やかですね。

早朝の雨にもめげず、参加して頂いたライダーの皆さん

最初はサーキット走行の基本の規則、旗の説明の講義から始まります。担当は小室インストラクター。

今回は初めにインストラクター陣の紹介です。当スクール校長、神谷 忠。

川島賢三郎インストラクター

五百部徳雄インストラクター

坂田和人インストラクター

梨本 圭インストラクター

松田光市インストラクター

小室 旭インストラクター

笹原隆男インストラクター

そして中野真矢メインインストラクターは愛車持ち込みです!

開会式&走行前ブリーフィングが終了したのち、サーキット走行の経験浅い方々のAクラスから走行開始、ピット前に集合です。まだコースの路面は少しウェットですが、まずは慣熟先導走行。

続いてBクラスがピット前に集合、みなさん緊張の面持ち?

Bクラスも慣熟先導走行から始まります。

続いてCクラスがピット前に並びます。

Cクラス慣熟先導走行。

中野イントラはコースの外から生徒たちの走りをチェック。

最上級のDクラス慣熟先導走行、さすがサーキットには慣れていますね。

全クラス慣熟先導走行が終わった時点で、中野真矢イントラによるワンポイントレッスンです。

伏せる姿勢が大切!ということで受講生にオートバイに乗ってもらいレクチャーします。

 

中野イントラ、コースをよくチェック中です。この二人は親子!中野真矢インストラクターとお父さまです。

 

走行の終わったクラスはパドックで各イントラからいろいろレクチャーを受けます。

各クラスが2回目の走行終了後には生徒全員がコース内に移動。
最終コーナー内側から中野真矢イントラのデモンストレーションランを見学。こんなに近くからプロの走りを見学できるのは最高ですね。その中野イントラデモランの様子の動画をupしましたので、ちょっとだけお楽しみください。

TMCSライディングスクール好評の昼食タイムです。
今日のお弁当は割烹築地製。名前からして美味しそうですが、その通り大変美味しいお弁当でした。インストラクター達も満足そうです。

 

午後の生徒たちの走りをご覧ください。

路面も完全にドライとなり、Aクラスのライダーたちもサーキット走行に慣れてきました。

Bクラスのフリー走行。インストラクターがフリー中にも入って、ひとりひとり先導します。レコードラインを覚えるのに有効ですよね。

Cクラス走行。

いつもCクラスを担当する梨本イントラも生徒を引っ張ってあげます。

中野イントラも生徒たちとコース走行。

パドックでは生徒たちが熱心にコースのラインどりについて質問しています。

Dクラス走行前、「フリー走行ですが、無理しないでくださいね」と進行からアナウンス。

サーキット走行にも慣れてきたところで、再び中野真矢イントラのワンポイントレッスン。
生徒の質問にも丁寧にお答えします。

恒例スタート練習も行われました。
赤シグナルが消えたらスタートですよ!

皆さん、頑張りました。中野イントラも「このスタート練習っていいですよね。普段体験できないし」と言っていました。

最後にインストラクター集合写真。みなさん、お疲れ様でした。

===今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。===

〇上田佳弘さん、CBR250Rでスクール初参加です。「30代40代の頃は四輪でサーキット走行を楽しんでいましたが今は残念ながら四輪がもてる環境ではないので、二輪で楽しむことに。」中野イントラの「伏せる事が大切」の言葉に気をつけて走行しました。

 

〇KTM390DUKEでご参加の船山順平さん、バイク歴8年、サーキット歴は3年くらいとのこと。「いつもはアクアラインで袖ヶ浦フォレストレースウェイに行く事が多いです。」筑波2000を一回、1000は初走行、スクールも初参加です。

 

〇TMCSライディングスクール参加はもう4回めの村岡匡人さん、リターンライダーとなってからも10年です。「若い頃は中型免許だったので、リターンを機に限定解除しました。」愛車もDUCATI SS900ieです。サーキット通いのために「乗用車は軽のサンバーに乗り換えました。」と、とても楽しそうでした。

 

〇スクール初参加、女性ライダー横川真理さん。バイク25年「サーキット歴はここ1年半くらいです。」でもCクラスでなかなかの走りです。CBR1000RRでのご参加、ツーリング用バイクも所有とのことでした。

 

〇CBR250RRでご参加の吉松伴晃さん、リターンライダーで「サーキット走行を楽しんでいます。ツーリングは行かなくなりました。」と仰るようにサーキットは月2~3回ペース。コース1000は250cc、2000は1000ccで走行するそうです。

 

〇2010年まで125ccクラスのレースに参戦していらした坂井幸雄さん。「今日がそれ以来久しぶりのサーキットです。」ご常連の佐藤清孝さんのお誘いでスクール初参加です。KTM650DUKEでご参加です。

 

==オマケ==
このふたりどんぐりの背比べ?(失礼!)
このふたりの革ツナギ、チームみたいにお揃いですが、実は全く別にオーダーしたそうです。
サーキットで会った時、お互いビックリ!!

次回は今年最終スクール、11月23日(祭)清原明彦ライディングスクールでお会いしましょう。

10/14開催の中野真矢ライディングスクールの受理書を発送いたしました。

ご参加の皆様

本日(10/4)、TMCS 中野真矢ライディングスクールの受理書を発送いたしました。
受理書をよくお読みになり、裏面のチェックシートも記入して当日お持ちください。

平成30年10月14日(日)午前7時50分集合(時間厳守)
筑波サーキット コース1000(雨天決行)

当日の緊急時連絡先:0296-44-3146(筑波サーキット)

連絡可能なメールアドレスをご記入いただいた方々にはメールにてもお知らせしています。
なお、数日経っても受理書が届かない方は事務局にご連絡ください。

詳しくは中野真矢ライディングスクールのお知らせをチェックしてください。

TMCS振興会主催 清原明彦ライディングスクール

定員につき、締め切りました。

 カワサキのワークスライダー兼テストライダーとして、KR750やKR250、KR350を開発、1977年世界GPドイツホッケンハイムでは初参加のKR250でポールポジションを獲得(決勝は2位)。数々の世界GPや全日本ロードレースで活躍した伝説のレジェンドライダー、ミスターカワサキ清原明彦がメインインストラクターを務めるスクールです。参加者をスキル別に4つのクラスに分け、それぞれのクラスには担当のサブインストラクターが就き、そしてそのスキルに見合ったきめ細かい親切丁寧な指導を行うライディングスクールです。サーキットビギナー&女性ライダーからベテランまで大歓迎!

●日時、場所    :

平成30年11月23日(祭)雨天決行 7:50~16:00

筑波サーキット コース1000

茨城県下妻市村岡乙159 TEL0296-44-3146

●主 催      :

一般財団法人 筑波モーターサイクルスポーツ振興会

(TMCS振興会)

所在地:〒341-0032 埼玉県三郷市彦成2-169-1 A-3

TEL048-959-4036 FAX048-969-4436

スクール事務局 :

TEL / FAX   03-3533-4918       

e-mail  info@t-mcs.com

●参加費用     :12,000円(昼食、保険料込)

●参加定員     :60名

●参加条件     :

装具は革ツナギ(セパレート可)、脊椎パッド、革グローブ&ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用 車両は126cc以上でスクーターを除くオンロードスポーツ車。CBR250Rなどのレーサーも可ですが、簡易スタンドなども用意のこと。

また参加にあたり当該の二輪免許が必要となりますが、サーキットライセンスは必要ありません。

●参加申込方法   :

参加申し込み用紙をダウンロードして必要事項すべてに必ず記入、署名捺印の上、参加費を同封して現金書留で下記まで送付してください。

104-0052 東京都中央区月島3-1-2-404

一般財団法人 TMCS振興会 スクール事務局

スクール事務局 :
TEL / FAX   03-3533-4918(担当:川島知子)

●記入上の注意   :

エントリー受付の返信メールを差し上げますので、メールアドレスを必ずご記入ください。英数文字は分かり易いようにご記入ください。
紛らわしい記述: l  英字エル、1 数字イチ、o 英字オー、0 数字ゼロ、s 英字エス、5 数字ゴ、ハイフン、アンダーバー、等々)
携帯メールアドレスご記入の場合、@t-mcs.com を迷惑メール指定にならないように設定してください。

●未成年者    :

未成年者の参加については親権者の承諾印、スクール当日に親権者の同行が必要です。詳細は事務局にお問い合わせください。

●その他     :

受講後に筑波サーキットライセンスが取得できます(要追加料金・当日印鑑持参の事)。当日は簡単な車検を行いますが、サーキットの走行規定などをクリアできない場合は走行ができない場合もありますので、万全の事前準備をお願いします。

※参加費は降雪などでスクール中止の場合を除き、理由の如何を問わず返還は出来かねますのであらかじめご了承下さい。

またスクールの参加受理書はスクール開催日の10日前に発送致します。

メインインストラクター  :清原明彦

サブインストラクター:坂田和人 川島賢三郎 五百部徳雄
梨本 圭 高田速人 小室 旭 松田光市 笹原隆男(以上予定)

特別講師:神谷 忠

タイムテーブル(予定)

●7:50~8:40 参加受付
●8:40~9:15 開校式/座学
●9:20~9:30 Gr.A走行1 慣熟先導走行
●9:30~9:40 Gr.B走行1 慣熟先導走行
●9:40~9:50 Gr.C走行1 慣熟先導走行
●9:50~10:00 Gr.D走行1 慣熟先導走
●10:00~10:15 清原明彦 ワンポイントレッスン
●10:20~10:35 Gr.A走行2 高速先導走行
●10:35~10:50 Gr.B走行2 高速先導走行
●10:50~11:05 Gr.C走行2 高速先導走行
                 (後半フリー走行)
●11:05~11:20 Gr.D走行2 高速先導走行
                 (後半フリー走行)
●11:25~11:40 清原明彦 エキジビション走行
●11:45~12:45 昼食
●12:50~13:10 Gr.A走行3 フリー走行
●13:10~13:30 Gr.B走行3 フリー走行
●13:30~13:50 Gr.C走行3 フリー走行
●13:50~14:10 Gr.D走行3 フリー走行
●14:10~14:20 清原明彦ワンポイントレッスン
●14:20~14:40 スタートスキルアップレッスン
●14:40~15:00 Gr.A走行4 フリー走行
●15:00~15:20 Gr.B走行4 フリー走行
●15:20~15:40 Gr.C走行4 フリー走行
●15:40~16:00 Gr.D走行4 フリー走行
●16:00~閉校式 清原明彦 ファイナルミーティング

※各走行後にはピットでインストラクターのQ&Aタイムを設けます。積極的にご質問ください。

※このタイムテーブルは転倒等のアクシデントで、時間変更や走行時間の短縮がなされる場合があります。

※走行中、または走行後に気分が悪くなったり体調が優れなかったりしたら、すぐに走行を中断してください。フルに走る必要はありませんので、遠慮なく事務局に申し出てください。

青木宣篤ライディングスクール(20180708)リポート

梅雨開け宣言直後となった今回のライディングスクール、この日の筑波サーキットコース1000はもう真夏の天候。
メインインストラクターにお馴染み青木宣篤を迎え、暑い(熱い)スクール開催となりました。

いつものようにインストラクター挨拶から始まり、「皆さん、今日は熱中症にならないよう水分&塩分補給を心掛けてください」とフィジカル面でもアドバイス。
そしてなるべく日陰を見つけて、サーキットのルール&マナーの講義が始まります。

さあ、Aクラスがピットロードに集合、1回目の慣熟先導走行です。川島インストラクター、Aクラスを先導走行します。

Aクラス まずはコースに慣れるためゆっくりと。小室インストラクターも先導します。

次はBクラスがピットロードに集合、先導走行へ

高田、松田インストラクターに先導され、Bクラス1回目慣熟先導走行

パドックでは青木メインインストラクターが、走行終了した生徒たちへレクチャー

Cクラスがピットロードに集合。
Cクラス慣熟先導走行風景です。

さあ、サーキット経験が豊富なライダーが集まるDクラスの先導走行が開始します。

坂田インストラクター スタンバイ

Dクラスの慣熟先導走行は上級者クラスなのでちょっと速めな慣熟走行です。

Bクラス担当高田インストラクター、パドックでレクチャー

一通り1回目の走行終了後、青木イントラが全員を集めてのワンポイントレッスンです。

そしてAクラスの高速先導走行に移ります。先導はGSX-R1000に乗る川島インストラクター。
Aクラスのライダーたちも少しずつ慣れてきました。
パドックでは青木イントラが個々のライダーに丁寧にレクチャー

Bクラス、高田イントラが高速先導走行
インストラクターがライダーに合図を送り、先導走行
各クラス2回目の走行終了後、青木インストラクターのデモランです。


後輪ドリフト走行を披露したデモランが終了、青木インストラクターをみんなでお出迎え。恰好良かったです~!

ここでお弁当タイム。
イントラたちもみんなでお昼ごはん。
空は夏雲、筑波山もクッキリです。しかし暑い!

午後はフリー走行がメイン、青木インストラクターも生徒といっしょにコースイン。
コースの中から生徒の走りを見ます。
それでは、生徒の皆さんの走りをご覧ください。
フリー走行中もインストラクターが先導走行で走行ラインを教えます。
恒例のスタート練習。motoGPさながらブラックアウト方式で3台ずつスタートします。

このスクールのいいところは全体でのレクチャーも勿論ですが、インストラクターを見つけたら、どこでも質問タイムになってしまう事ですね。
青木宣篤インストラクターはじめ、皆さん、暑い中お疲れ様でした。

 

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇TZR250Rでご参加のK.K.さん。バイク歴は10年、サーキット歴は2年とのこと。スクールは初参加です。
感想を伺うと、まず「楽しい~!!」「1本めにイントラの真後ろにつけたので、すごくためになりました。」
と、とても嬉しそうでした。

〇TMCSライディングスクールの参加は2回目の坂本 晋さん。バイク歴は30年以上、サーキットは若い頃に走っていて去年から再開したそうです。「前回のスクールは雨でしたが、今日はほんとに気持ちが良いですね~。」と、楽しそうにしていました。
坂本さん+ KTM200DUKE

〇DUCATI Monster 821 stripe でご参加の丸山 凌さん、バイク歴6年です。サーキット走行は3回目、ご友人に誘われてスクールは初参加です。
「公道を走るより楽しいです。特にこのスクールは充実していますね、テーマを決めて走れるし。走行会だとただ走るだけに終わってしまいますしね。」

〇TMCSライディングスクール初参加のT.M.さん。二輪免許を取ったのは36才と遅かったとのこと。奥様も免許をいっしょに取得されたそうですが、残念、今は走っていらっしゃらないそうです。参加車両のCB400SBは最初に購入したバイクです。「スクールはとても参考になりました。是非次回も参加したいです。」

〇2ヶ月に1回のペースでサーキット走行をしていらっしゃる金居正晃さん。バイク歴は長いのですが、中休みがあり、5年前にサーキット走行をしたくてこのRVF400を購入したとのこと。「走行会とかに参加していても上達しないので、久しぶりにTMCSに参加しました。」

〇年3回はTMCSライディングスクールに参加される常連ライダーの松本知成さん。バイク歴30年、サーキットを走るようになったのはここ5年だそうです。バイク、筋トレが大好き、ご覧のとおりすごいボディビルダーで、今日はお仲間9人とご参加です。筋トレをサボりがちな川島イントラにもときどき指導してます(笑)松本さん + GSX-R1000

皆さん、大変暑い中のご参加ありがとうございました。

次回は10月14日(日)中野真矢ライディングスクールでお会いしましょう。

オマケ:コース1000のトイレの入り口に毎年巣をつくるツバメさんたち、4月15日にはまだ卵だったツバメの子たち。元気に大きな口を開けていました。