北川圭一ライディングスクールの受理書を発送いたしました。

ご参加の皆様

本日(5/14)、TMCS 北川圭一ライディングスクールの受理書を発送いたしました。
受理書をよくお読みになり、裏面のチェックシートも記入して当日お持ちください。

平成29年5月24日(水)午前9時集合(時間厳守)
筑波サーキット コース2000

当日の緊急時連絡先:0296-44-3146(筑波サーキット)

連絡可能なメールアドレスをご記入いただいた方々にはメールにてもお知らせしています。
なお、数日経っても受理書が届かない方は事務局にご連絡ください。

詳しくは 北川圭一ライディングスクールのお知らせをチェックしてください。

TMCS振興会 藤原克昭ライディングスクール

世界GP500クラスやワールドスーパーバイク選手権などで活躍し、現在はカワサキのレーシングアドバイザーを務める藤原克昭がメインインストラクターを務めるスクールです。参加者をスキル別に4つのクラスに分け、それぞれのクラスには担当のサブインストラクターが就き、そしてそのスキルに見合ったきめ細かい親切丁寧な指導を行うライディングスクールです。サーキットビギナー&女性ライダーからベテランまで大歓迎。

●日時、場所    :

平成29年7月1日(土)雨天決行 7:45~16:00

筑波サーキット コース1000

茨城県下妻市村岡乙159 TEL0296-44-3146

●主 催      :

一般財団法人 筑波モーターサイクルスポーツ振興会

(TMCS振興会)

TEL048-959-4036 FAX048-969-4436

スクール事務局 : TEL 050-1247-8705
e-mail info@t-mcs.com

  • 参加費用     :12,000円(昼食、保険料込)
  • 参加定員     :60名(定員になり次第締切)
  • 参加条件     :

装具は革ツナギ(セパレート可)、脊椎パッド、革グローブ&ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用 車両は126cc以上でスクーターを除くオンロードスポーツ車。CBR250Rなどのレーサーも可ですが、簡易スタンドなども用意のこと。

また参加にあたり当該の二輪免許が必要となりますが、サーキットライセンスは必要ありません。

  • 参加申込方法   :

参加申し込み用紙をダウンロードして必要事項すべてに必ず記入、署名捺印の上、参加費を同封して現金書留で下記事務局まで送付してください。

104-0052 東京都中央区月島3-1-2-404

一般財団法人 TMCS振興会 スクール事務局

TEL 050-1247-8705 (担当:川島知子)

  • 記入上の注意   :

メールアドレスをご記入の方にはエントリー受付の返信メールを差し上げますので、記入をお願いいたします。英数文字は分かり易いようにご記入ください。
紛らわしい記述: l  英字エル、1 数字イチ、o 英字オー、0 数字ゼロ、s 英字エス、5 数字ゴ、ハイフン、アンダーバー、等々)
携帯メールアドレスご記入の場合、@t-mcs.com を迷惑メール指定にならないように設定してください。

●未成年者    :

未成年者の参加については親権者の承諾印、スクール当日に親権者の同行が必要です。詳細は事務局にお問い合わせください。

●その他     :

受講後に筑波サーキットライセンスが取得できます(要追加料金)。当日は簡単な車検を行いますが、サーキットの走行規定などをクリアできない場合は走行ができない場合もありますので、万全の事前準備をお願いします。

※参加費は台風降雪などでスクール中止の場合を除き、理由の如何を問わず返還は出来かねますのであらかじめご了承下さい。またスクールの参加受理書はスクール開催日の10日前に発送致します。

メインインストラクター  :藤原克昭 

サブインストラクター: 坂田和人 梨本 圭 五百部徳雄
川島賢三郎 小室 旭 松田光市 笹原隆男 

特別講師:神谷 忠

タイムテーブル(予定)

  • 7:45~8:30   参加受付
  • 8:30~9:00   開校式/座学
  • 9:10~9:20   Gr.A走行1 慣熟先導走行
  • 9:20~9:30   Gr.B走行1 慣熟先導走行
  • 9:30~9:40   Gr.C走行1 慣熟先導走行
  • 9:40~9:50   Gr.D走行1 慣熟先導走行
  • 9:50~10:10     藤原克昭ワンポイントレッスン
  • 10:10~10:25 Gr.A走行2 高速先導走行
  • 10:25~10:40 Gr.B走行2 高速先導走行
  • 10:40~10:55 Gr.C走行2 高速先導走行
  • 10:55~11:10 Gr.D走行2 高速先導走行
  • 11:10~11:25 藤原克昭 エキジビション走行
  • 11:25~12:35 昼食 
  • 12:40~13:00 Gr.A走行3 フリー走行
  • 13:00~13:20 Gr.B走行3 フリー走行
  • 13:20~13:40 Gr.C走行3 フリー走行
  • 13:40~14:00 Gr.D走行3 フリー走行
  • 14:00~14:10 藤原克昭ワンポイントレッスン
  • 14:10~14:40 スタートスキルアップレッスン
  • 14:40~15:00 Gr.A走行4 フリー走行
  • 15:00~15:20 Gr.B走行4 フリー走行
  • 15:20~15:40 Gr.C走行4 フリー走行
  • 15:40~16:00 Gr.D走行4 フリー走行
  • 16:00~閉校式  藤原克昭 ファイナルミーティング

※各走行後にはピットでインストラクターのQ&Aタイムを設けます。積極的にご質問ください。

※このタイムテーブルは転倒等のアクシデントで、時間変更や走行時間の短縮がなされる場合があります。

※走行中、または走行後に気分が悪くなったり体調が優れなかったりしたら、すぐに走行を中断してください。フルに走る必要はありませんので、遠慮なく事務局に申し出てください。

水谷 勝 ライディングスクール(20170416)リポート

スクール当日は快晴。春本番といった気候で絶好のサーキット日和でした。

今回は定員いっぱいの満員御礼。まずは開会式での水谷さんの挨拶、フラッグなどの講習と続きます。

神谷さん挨拶

水谷さん挨拶

講師陣

 

 

 

まずはAグループの慣熟先導走行です。Aグループは初心者の方も多いので、ちょっと緊張気味?

 

Bグループ ピット前に集合です。

続いてBグループの慣熟先導走行

 

水谷勝イントラもすでにツナギ姿でスタンバイ

 

Cグループ ピット前集合と順調に進みます。

サーキット走行経験者が集まるDグループ ピット前集合です。

Dグループもまずは慣熟先導走行

 

パドックでは川島イントラがライディングのレクチャー

コース図を使い走行ラインを教えてくれたりします。

さあ水谷勝イントラがGSX-R1000で出動、コースの中から受講生の走りを見ます。

水谷勝デモンストレーションランを生徒さんがコースのイン側から見学です。

こんなに間近で走りを見ることは勉強になりますよね。デモ欄終了、みんなで水谷さんに拍手~

好天のコース1000は筑波山もひときわ近く見えます。

お昼休みはコース上で記念撮影。普段は出来ないことですね。

川島イントラも水谷さんと はい!記念撮影
本日のお弁当。なかなか美味しかったです。

ライダー全員を集め、水谷さんのレクチャー。この後ろ姿、気になりますね~。この水谷模様?プリントじゃなくて縫いものです。

走りを重ね、各クラス徐々にコースにも慣れてきました。ここでは皆さんの走りをみてみましょう。

まずはAグループのフリー走行です。

ちょっとした合間にも水谷イントラに質問します。皆さん熱心です。

次はBグループのみなさんの走りです。

経験者も多いCグループの走り。 フリー走行中もインストラクターが受講ライダー1人1人を先導します。

走っていないライダーは他のクラスの走りを見学。

Dグループの走り。経験者ばかりなのでキマッテます。 すべてのクラスでサブイントラを受け持った小室インストラクター。ちなみに全日本開幕戦の筑波ラウンドGP3クラスで見事2位をゲットしました!

水谷イントラもフリー走行に参加!

 

 

恒例のスタート練習でレースの雰囲気を味わいます。

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。

 

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇友人同士でご参加のシノラーさん(左・WR250X)と水野さん(右・MT-09) シノラーさんは30年のブランクからのリターンライダー、「以前は中型免許でしたが、3年前に大型も取得しました。」とのこと。水野さんは「次のスクールも申込み済です。」お二人とも本当にサーキットを走るのが楽しくてしょうがないって感じでした。

 

〇TZR250RSでご参加の石井浩二さん、TMCSのスクールは3回目のご参加です。草レースに出場することもあります。奥様はこのスクールへの参加を快くOKしてくださるとか・・。Yutubeに前回のスクールの動画をupしてるそうです。

 

〇月に3回ペースでサーキット走行をしている村雲孝彦さん、GSX-R1000L1でご参加です。「TTレースに出場しましたが、ザンパイしたので、もっと頑張ろうと思って」と、走りにも気合が入ってます。

 

〇瀬尾訓生さん、スクール初参加です。10年のバイク歴の大半がDOCATIライダーとのこと。DOCATIファンのご友人の誘いでご参加されました。バイクは勿論、DOCATI 848。

 

〇岡村優子さん、バイク歴8年サーキット歴は2年です。「袖ヶ浦で転倒して大怪我をしたこともあったけど、怖さはないです。もっとうまくなりたい!いつもはVTR250で練習してます。今日は彼氏のCBR1000RRなので、ちょっと慣れなくて・・」と仰いながらなかなかの走りでした。

 

〇GFS1200でご参加の石田守一郎さん。サーキットは今回が初めて、でも16才でバイクの免許取得してから40年ずーっとバイクに乗り続けています。「リターンライダーじゃないですよ、バイクを降りるなんて考えられない。」っていいですね~!

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

次回は5月24日北川圭一ライディングスクールでお会いしましょう。

 

水谷 勝 ライディングスクールの受理書を発送いたしました。

ご参加の皆様

本日(4/6)、TMCS 水谷 勝ライディングスクールの受理書を発送いたしました。
受理書をよくお読みになり、裏面のチェックシートも記入して当日お持ちください。

平成29年4月16日(日)午前8時集合(時間厳守)
筑波サーキット コース1000

当日の緊急時連絡先:0296-44-3146(筑波サーキット)

連絡可能なメールアドレスをご記入いただいた方々にはメールにてもお知らせしています。
なお、数日経っても受理書が届かない方は事務局にご連絡ください。

詳しくは水谷 勝 ライディングスクールのお知らせをチェックしてください。

TMCS振興会 北川圭一 ライディングスクール

2度の世界耐久レース選手権チャンピオンに輝く、北川圭一がメインインストラクターを務めるスクールです。参加者をスキル別に4つのクラスに分け、それぞれのクラスには担当のサブインストラクターが就き、そしてそのスキルに見合ったきめ細かい親切丁寧な指導を行うライディングスクールです。サーキットビギナー&女性ライダーからベテランまで大歓迎。

  • 日時          :

平成29年 5月24日(水)雨天決行 9:00~16:00

  • 場所      :

筑波サーキットコース2000

茨城県下妻市村岡乙159 TEL0296-44-3146

  • 主 催      :

一般財団法人 筑波モーターサイクルスポーツ振興会

(TMCS振興会)

e-mail info@t-mcs.com

  • 参加費用     :17,000円(昼食、保険料込)
  • 参加定員     :60名 (定員になり次第締切)
  • 参加条件     :

装具は革ツナギ(セパレート可)、脊椎パッド、革グローブ&ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用 車両は126cc以上でスクーターを除くオンロードスポーツ車。CBR250Rなどのレーサーも可ですが、簡易スタンドなども用意のこと。

また参加にあたり当該の二輪免許が必要となりますが、サーキットライセンスは必要ありません。

  • 参加申込方法   :

参加申し込み用紙をダウンロードして必要事項すべてに必ず記入、署名捺印の上、参加費を同封して現金書留で下記まで送付してください。

104-0052 東京都中央区月島3-1-2-404

一般財団法人 TMCS振興会 スクール事務局

TEL 050-1247-8705 (担当:川島知子)

  • 記入上の注意   :

メールアドレスをご記入の方にはエントリー受付の返信メールを差し上げますので、記入を推奨いたします。英数文字は分かり易いようにご記入ください。
紛らわしい記述: l  英字エル、1 数字イチ、o 英字オー、0 数字ゼロ、s 英字エス、5 数字ゴ、ハイフン、アンダーバー、等々)
携帯メールアドレスご記入の場合、@t-mcs.com を迷惑メール指定にならないように設定してください。

  • 未成年者    :

参加については親権者の承諾印、及びスクール当日に親権者の同行が必要となります。詳細は事務局にお問い合わせください。

  • その他     :

受講後に筑波サーキットライセンスが取得できます(要追加料金)。

当日は簡単な車検を行いますが、サーキットの走行規定などをクリアできない場合は走行ができない場合もありますので、万全の事前準備をお願いします。

※参加費は降雪などでスクール中止の場合を除き、理由の如何を問わず返還は出来かねますのであらかじめご了承下さい。

またスクールの参加受理書はスクール開催日の10日前に発送致します。

メインインストラクター:北川圭一

サブインストラクター:坂田和人 梨本 圭 高田速人

五百部徳雄 川島賢三郎 小室 旭 松田光市

特別講師:神谷 忠

タイムテーブル(予定)

  • 9:00~10:00 参加受付
  • 10:00~10:30 開校式/サーキット走行ルール説明
  • 10:30~11:45 北川圭一ライディングレッスン(座学)
  • 11:45~12:30 昼食
  • 12:30~ 走行準備
  • 13:00~13:10 ABグループ走行1 慣熟先導走行
  • 13:10~13:20 CDグループ走行1 慣熟先導走行
  • 13:20~13:40 ABグループ走行2 高速先導走行
  • 13:40~14:00 CDグループ走行2 フリー走行
  • 14:00~14:10 北川圭一ミーティング
  • 14:10~14:30 ABグループ走行3 フリー走行
  • 14:30~14:50 CDグループ走行3 フリー走行
  • 14:50~15:10 スタートレッスン
  • 15:10~15:35 ABグループ走行4 フリー走行
  • 15:35~16:00 CDグループ走行4 フリー走行
  • 16:15~      北川圭一ミーティング、閉校式

※各走行後にはピットで各インストラクターからのQ&Aタイムを設けます。積極的にご質問ください。

※このタイムテーブルは転倒等のアクシデントで、時間変更や走行時間の短縮がなされる場合があります。

※走行中、または走行後に気分が悪くなったり体調が優れなかったりしたら、すぐに走行を中断してください。フルに走る必要はありませんので、遠慮なく事務局に申し出てください。

TMCS振興会  水谷 勝 ライディングスクール

ロードレース界のレジェンド中のレジェンド、あの水谷 勝がメインインストラクターを務めるスクールです。参加者をスキル別に4つのクラスに分け、それぞれのクラスには担当のサブインストラクターが就き、そしてそのスキルに見合ったきめ細かい親切丁寧な指導を行うライディングスクールです。サーキットビギナー&女性ライダーからベテランまで大歓迎。

●日時、場所    :

平成29年4月16日(日)雨天決行 8:00~16:00

筑波サーキット コース1000

茨城県下妻市村岡乙159 TEL0296-44-3146

●主 催      :

一般財団法人 筑波モーターサイクルスポーツ振興会

(TMCS振興会)

TEL048-959-4036 FAX048-969-4436

スクール事務局 : TEL 050-1247-8705
e-mail info@t-mcs.com

  • 参加費用     :12,000円(昼食、保険料込)
  • 参加定員     :60名(定員になり次第締切)
    締切ました。
  • 参加条件     :

装具は革ツナギ(セパレート可)、脊椎パッド、革グローブ&ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用 車両は126cc以上でスクーターを除くオンロードスポーツ車。CBR250Rなどのレーサーも可ですが、簡易スタンドなども用意のこと。

また参加にあたり当該の二輪免許が必要となりますが、サーキットライセンスは必要ありません。

  • 参加申込方法   :

参加申し込み用紙をダウンロードして必要事項すべてに必ず記入、署名捺印の上、参加費を同封して現金書留で下記事務局まで送付してください。

104-0052 東京都中央区月島3-1-2-404

一般財団法人 TMCS振興会 スクール事務局

TEL 050-1247-8705 (担当:川島知子)

  • 記入上の注意   :

メールアドレスをご記入の方にはエントリー受付の返信メールを差し上げますので、記入をお願いいたします。英数文字は分かり易いようにご記入ください。
紛らわしい記述: l  英字エル、1 数字イチ、o 英字オー、0 数字ゼロ、s 英字エス、5 数字ゴ、ハイフン、アンダーバー、等々)
携帯メールアドレスご記入の場合、@t-mcs.com を迷惑メール指定にならないように設定してください。

●未成年者    :

未成年者の参加については親権者の承諾印、スクール当日に親権者の同行が必要です。詳細は事務局にお問い合わせください。

●その他     :

受講後に筑波サーキットライセンスが取得できます(要追加料金)。当日は簡単な車検を行いますが、サーキットの走行規定などをクリアできない場合は走行ができない場合もありますので、万全の事前準備をお願いします。

※参加費は台風降雪などでスクール中止の場合を除き、理由の如何を問わず返還は出来かねますのであらかじめご了承下さい。またスクールの参加受理書はスクール開催日の10日前に発送致します。

メインインストラクター  :水谷 勝 

サブインストラクター: 梨本 圭 高田速人 五百部徳雄 川島賢三郎 小室 旭 松田光市 笹原隆男 

特別講師:神谷 忠

タイムテーブル(予定)

●8:00~8:45 参加受付
●8:50~9:20 開校式/座学
●9:30~9:40 Gr.A走行1 慣熟先導走行
●9:40~9:50 Gr.B走行1 慣熟先導走行
●9:50~10:00 Gr.C走行1 慣熟先導走行
●10:00~10:10 Gr.D走行1 慣熟先導走行
●10:10~10:20 水谷 勝 ワンポイントレッスン
●10:25~10:45 Gr.A走行2 高速先導走行
●10:45~11:05 Gr.B走行2 高速先導走行
●11:05~11:25 Gr.C走行2 高速先導走行
●11:25~11:45 Gr.D走行2 高速先導走行
●11:45~11:55 水谷 勝 エキジビション走行
●11:55~12:45 昼食
●12:50~13:10 Gr.A走行3 フリー走行
●13:10~13:30 Gr.B走行3 フリー走行
●13:30~13:50 Gr.C走行3 フリー走行
●13:50~14:10 Gr.D走行3 フリー走行
●14:10~14:20 水谷 勝 ワンポイントレッスン
●14:20~14:40 スタートスキルアップレッスン
●14:40~15:00 Gr.A走行4 フリー走行
●15:00~15:20 Gr.B走行4 フリー走行
●15:20~15:40 Gr.C走行4 フリー走行
●15:40~16:00 Gr.D走行4 フリー走行
●16:00~閉校式 水谷 勝 ファイナルミーティング

※各走行後にはピットでインストラクターのQ&Aタイムを設けます。積極的にご質問ください。

※このタイムテーブルは転倒等のアクシデントで、時間変更や走行時間の短縮がなされる場合があります。

※走行中、または走行後に気分が悪くなったり体調が優れなかったりしたら、すぐに走行を中断してください。フルに走る必要はありませんので、遠慮なく事務局に申し出てください。

青木宣篤ライディングスクール(20161123)リポート

11月23日(祭)朝方まで降っていた小雨も止み、ドライ路面の筑波サーキット コース1000にて、TMCS振興会主催の青木宣篤ライディングスクールが開催されました。今回は64名のライダーが参加という大盛況です。

まずは青木宣篤メインインストラクターが、開会式でご挨拶。

imgp0425-s

そしてフラッグなどのサーキットルールやマナーなどの講習となります。
imgp0440-s

走行前パドック風景imgp0450-sパドックにてイントラ車のチェック、参加ライダーもマシンチェックです。imgp0461-s

ちなみにTMCSのライディングスクールはサーキット走行の経験の浅いライダー、Aクラス、そしてスキル順にB、C、Dと4クラスに分かれています。

まずは先導慣熟走行、緊張のAクラスピット前です。
imgp0441-s

お次はBクラス慣熟走行。imgp0447-simgp0465-s imgp0470-s

1回目の走行後に早々と質問しているライダーさんも。熱心ですね。imgp0456-s
Cクラス慣熟走行。imgp0477-simgp0515-s
インストラクターたちは、走行の合間にカリキュラムや進め方などについて談義します。imgp0479-s高田インストラクター 慣熟走行後にパドックにてレクチャー。
imgp0534-s

梨本インストラクター Dクラス先導へ、スタンバイ。imgp0532-s

Dクラス慣熟走行へ。imgp0533-s imgp0538-sサーキット経験者ばかりのDクラスは、慣熟走行でも結構なスピードで追従してくれます。 imgp0572-s

青木宣篤インストラクター、まずはコースの外からライダーたちの走りを観察してます。imgp0583-s
全クラス慣熟走行が終わったところで、青木インストラクターのレクチャーです。
imgp0591-s皆 真剣に聞き入ります。 imgp0603-s

本日の特別ゲスト 日本のレーシングライダー草分け的存在、大久保  力 氏(中央)と神谷  忠 特別講師(右)、そして川島インストラクター。imgp0615-s

松田インストラクター パドックにてレクチャー。
imgp0618-simgp0617-s

青木インストラクターがいよいよコースインです。imgp0639-s
参加ライダーのみならず、インストラクターまで青木宣篤の走りを見学です。
imgp0682-s imgp0697-s imgp0723-s imgp0738-s青木インストラクター、コースでも見せてくれます。 さすがmotoGPマシンのテストライダーですね。imgp0744-s

各クラス走行の都度、パドックにてレクチャーは行われます。坂田講師も真剣な眼差しで質問に答えてます。imgp0705-s imgp0759-s

青木宣篤デモンストレーションランです。imgp0772-sこんなに近くで走りを見るなんて、なかなか出来ない経験です。 imgp0773-s

本日の昼食お弁当です。生徒さんには好評なので嬉しいです。毎回美味しいお弁当よ用意してます! 大事なポイントですよね。imgp0785-sお昼休み、イントラたちもしばしの休憩。imgp0787-s梨本塾軍団も盛り上がってます。imgp0612-sスズキの先輩が後輩にパンチ!! 何だか仲よさそう&楽しそうですね~。imgp0791-s

みなさん、昼過ぎの走行へ向けて準備中です。imgp0792-s

川島イントラ Aクラスフリー走行で、いわゆるパトロール中です。imgp0805-s imgp0815-sAクラスフリー走行では青木イントラも走りました。 imgp0836-s imgp0839-s

Bクラス フリー走行imgp0860-s imgp0870-s

Cクラス フリー走行imgp0891-s imgp0896-s imgp0898-s imgp0905-s imgp0920-s青木イントラ フリー走行でもストレートでまたまたこの走り。生徒さんからは歓声があがっていました。 imgp0922-s

小室インストラクター、個々の質問にも答えます。
imgp0938-s坂田インストラクター、 椅子を使ってポジションについてレクチャー。 imgp1049-s
コース図もこの通り、イントラさんたちのラインの書き込みでこんなになりました。
imgp0888-s

Dクラス フリー走行imgp0962-s imgp0980-s imgp1027-s

imgp0885-s

青木インストラクター、全員を集め再度レクチャーです。imgp1062-s imgp1069-s

恒例のスタート練習もありました。imgp1096-simgp1089-s imgp1094-s

青木宣篤メインインストラクターimgp0946-sインストラクター全員集合です。imgp0783-s

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。

== 今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。 ==

〇 中野大輔さん、恵さんご夫妻。TMCSのスクールは初めてのご参加。お二人のバイクはいずれもサーキット仕様、「いつもサーキットの走りを楽しんでいます。」 ツーリング用のバイクが別に2台ある、というのも驚きです。imgp0624-s #2 CBR1000RRと大輔さん。imgp0806-s #3 ZXR400と恵さん。imgp0807-s

〇 CBR250Rでご参加の泉水朝樹さん。バイク歴は30年、年間で2~3回はサーキット走行を楽しんで、サーキット歴も10年になるとのこと。「独学よりやはりスクールに通った方が良いかな、と思い参加しました。」imgp0761-simgp0877-s

〇 GSR750でご参加の鹿嶋晴美さん。バイク歴は22年、サーキット歴も12年。「イベントレースに参加したり、サーキットライフを楽しんでいます。」imgp0605-simgp0859-s

〇 こちらも女性ライダー千葉昌代さんはTMCSスクール初参加です。リターンライダー、サーキット歴も4年とのことで、Ninja250SLは完全サーキット仕様でした。「公道は走らないって、決めてます。」imgp0606-s imgp0892-s

〇 DUCATI1199panigaleで参加予定でしたが、「朝雨が降っていたので、急遽ツーリング用のKTM 690DUKEにしてきました。」とおっしゃるY.Y.さん。ライディングパーティとかで走っていますが、TMCSライディングスクールは初参加です。imgp0609-s imgp1092-s

〇 サーキット歴は6~7年、DUCATI monster 796 (サーキット専用)でご参加の大木幹雄さん。「いつかレースに出てみたいなぁって思ってますが、まだまだです。」と楽しそうに仰いました。imgp0610-s imgp0980-s-no69

今回参加のライダーは、女性も男性もサーキット仕様車を持ち込んでいる方が多く見受けられました。コース1000はテクニカルなコーナーが多く、なかなか楽しいライディングを満喫できたのではないでしょうか。

2016年今年1年、たくさんのご参加ありがとうございます。

来年もTMCSライディングスクールにどうぞ奮ってご参加ください。