タグ別アーカイブ: featured

青木宣篤ライディングスクール(20171123)リポート

2017年度最後のライディングスクールは筑波サーキット コース1000、朝8時の時点ではレインコンディションで始まりました。

今回のメインインストラクターは、ご存知青木宣篤。MOTOGPマシン、スズキGSX-RRのテストライダーとしても有名ですね。

雨脚が強いので、朝の開校式とブリーフィングはガレージの中で。アメニモマケズ参加されたライダーたちでいっぱいです。

神谷 忠スクール校長は今回、青山 博一選手の結婚式に出席のためお休みです。川島 賢三郎インストラクターがその代役を努めます。

本日のインストラクターの面々。五百部 徳雄。

高田 速人

梨本 圭

坂田 和人

松田 光市

笹原 隆男

小室 旭。以上、今回も豪華なインストラクター陣です。

インストラクター全員が朝の挨拶で「こんな雨ですが、青木メインインストラクターが雨を吹き飛ばすような面白い話をいっぱいしてくれます!」と言うので、青木メインインストラクターは苦笑い。

まずはサーキットの基本ルールを説明。

天気予報では昼頃に雨があがるようなので、急遽タイスケ変更。青木宣篤イントラによる座学(面白い話も含む?)をミッチリ1時間。質問タイムもたっぷり設けました。これをコース1000のタワー2階でABクラス、CDクラス、2回に分けて行い、大好評でした。窓の外は雨が降っていますが、部屋は皆さんの熱気100%(?)

この日のピット風景。お昼過ぎからの天気の好転を信じて、タイムスケジュールを組み直し。まずは昼食タイムとなりました。走行時間もなるべく減らしません。本日のお弁当も美味しかったですよ。

期待通りちょっと小降りになり、いよいよAクラスから先導走行

Bクラス先導走行

1回目の走行が終了したAクラスはパドックでレクチャー

今朝の大雨でも欠席者ゼロのCクラス、余裕のピット前です。Cクラス 先導走行。

インストラクターも皆レインウェア姿。Dクラス 先導走行。

天候回復、2回目からは少しずつ路面状態も良くなって・・・。Aクラス ピット前。青木インストラクター先導走行。

晴れてきたので、みんなゾロゾロとコース見学に出てきました。

パドックにてレクチャー。高田インストラクターのキメ細やかなアドバイスは初心者クラスのライダーには安心ですね。

Bクラス フリー走行

コース内ではイントラが待機して、個々に先導走行を行います。五百部イントラ待機中。

コースで走行が続く中、パドックではインストラクターに直接質問する生徒たち。皆さんとっても熱心です。

各クラス、フリー走行中もインストラクターが個々に先導します。

2回ずつのフリー走行が終了したところで、青木宣篤ミーティング。太陽が出てきたピットで全員集合。ミーティング終了後も青木イントラは至る所で引っ張りダコ。青木イントラのいる所、質問の人垣が出来てしまいます。

本日の代理校長の川島と青木イントラの2ショット。あれっ、なんか変ですか? 詳しくは後のイントラ集合写真で…

1番ピットの中はインストラクターたちがこんな雰囲気で話してます。無理やりのパノラマ(?)フォト

コースコンディションも良くなってきました。Cクラスフリー走行。
Cクラスに大人気、梨本インストラクター。

Dクラスは全体にハイペース走行。

Dクラスを先導、小室イントラ。

坂田イントラバトル始まりました。

朝の天気からは想像できないくらい、コースが光ってます。

恒例、青木宣篤インストラクターによるデモンストレーションラン。

青木イントラ自ら持ち込んだバイクは新型のGSX-R1000R、皆さんの注目の的でした。バイクを囲んで、ハイ、チーズ!

午前中の雨から、あっという間に晴天となった今回のスクール、臨機応変にタイムスケジュールを変更したので、生徒さんたちにとっても得るモノがたくさんあったと思います。色々なコンディションで走れるというのは、サーキットだけでなくセーフティライディングの基本ですね。

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。ちなみにこの写真で川島と青木の身長差がわかりますよね(笑)。

 

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇KTM200DUKEでご参加の中村早起さん。「まだサーキット走行経験は1年くらいです。コース2000はまだちょっと怖いですが・・・」コース1000でのTMCSライディングスクール参加は2度目です。お兄さんと可愛い甥っ子ちゃんが付き添いです。

〇ご夫婦でご参加は川上寿人さん、歩美さん。愛車は同じくRVF400。サーキット走行を始めて、走行会などに参加していましたが、お二人で参加したのは今日が初めてとの事。「雨でしたが、その分ためになるお話がたくさん聞けたので良かったです。」と仰っていただけました。

〇昨年HPでご紹介したスクール常連、山澤さん(右)とMV AUGUSTA仲間でご参加の細貝知幸さん(左)。サーキット用はこのF3-675ですが、街乗り用はBMW K1200Rとの事。「バイクしか趣味がないから」と、お二人は30年以上のバイク仲間です。

〇雨の中、GSX-R750で自走でいらっしゃった井上雅宏さん。リターンライダーで10年、サーキット歴は2年です。TMCSのスクール参加は2回目です。帰りは晴れて良かったですね。

〇GSX-R1000Rでご参加のY.W.さん。「しばらくバイクに乗れない時期があり、復帰した機にサーキットを走り始めました。」一昨年の伊藤真一ライディングスクールの時、ライセンスを取得、それから時々サーキット走行を楽しんでいるとの事です。タイヤウォーマーも準備して本格的ですね。

〇オマケ:スクールスタッフもスクールデビューしました。その名もサキト君。(妹の名前はスズカちゃん。ホントですよ。)

2017年度のスクールは今回が最後です。皆さん、来年もぜひご参加ください。

2018年度スクール開催予定は「スケジュール」でチェックできます。

八代俊二ライディングスクール(20171005)リポート

絶好の秋晴れのコンデションとなった筑波サーキットコース2000で、八代俊二ライディングスクールは開催されました。平日ながら参加人数は50名を超えましたが、当スクールで定評のキメ細かなレッスンは参加者に大変好評でした。

まずはサーキットホールにて八代メインインストラクターによる座学から始まります。八代インストラクターの絶対に聞けないGPレース裏話に会場は大喜び。続いてQ&Aコーナーも熱気に満ちていました。

今回も豪華なインストラクターの面々が集結。

講義終了後はまずは腹ごしらえ。いつも美味しいお弁当は好評です。

昼食後、パドックは走行準備で大忙しまずはA、Bクラスの慣熟先導走行です。続いてC、Dクラス慣熟先導走行。経験者が多いこのクラスはちょっと速めの速度で引っ張ります。インストラクターたちが大活躍です。八代メインインストラクターは第一ヘアピンのイン側で生徒さんたちの走りをチェック。各クラス走行が終わるとパドック内ではレクチャーと質問タイムです。たった今の走行中の疑問をすぐ聞けるのがライディングスクールの利点ですね。

全体で2回の走行が終了した時点で八代メインインストラクターからのレクチャー。ピット前に全員集合で、みんな真剣に聞き入ります。生徒たちのバイクは待機中です。


八代インストラクターも走行準備。体型の似ているこのふたり。

天気も最高のなか、恒例のスタート練習も行われました。

八代インストラクターもコースへ。

フリー走行中もインストラクターがひとりずつ先導します。ラインを覚える絶好のチャンスです。

参加生徒たちの走行をご覧ください。






八代インストラクター 走行しながら生徒さんたちを観察してます。

小室イントラ。今年は全日本選手権に復帰、GP3クラスで現在ランキングトップです。

自らCBR1000RR-SPを持ち込んだ梨本イントラ。

4回目のフリー走行。みなさん見違えるほどフォームがよくなり、速さも向上!













本日も転倒者ゼロを達成。ライディングスクール参加者の皆さんは有意義な1日をすごせたことと思います。

インストラクターの皆さん、ありがとうございました。

今回の参加ライダーさんを何人か紹介いたします。

〇KTM690DUKEでご参加の天土昌弘さん。若い時からいつかバイクに乗りたくて、40才過ぎてから免許取得されたとの事。「だからリターンライダーじゃないですよ(笑)」最近はサーキットを楽しんでいるそうです。

〇「バイク歴は20年ですが、サーキットは初です。」と仰る野崎一宏さん、ZX-10Rで勿論スクールも初参加。いつもは峠道を奥様といっしょに走っているとの事、次回は是非奥様も参加してくださいね。

〇KTM200DUKEでご参加のTMCSスクールの常連ライダー、内田健一さん。今週末のもてぎのレースにはNSR50で参加予定です。「このスクールで学んだことをレースに生かしてます。」

〇DUCATI Monster S2R800でご参加のH.M.さん。バイク歴は10年、最近はサーキット走行が多いとのこと。いろんな走行会やスクールなどで、3か月に1回はサーキットに来ているそうです。TMCSスクール参加も3回目です。

〇塩田晃一朗さんは30年ブランクのリターンライダー。大型免許を取って2年め、GSX-R1000でのご参加です。TMCSスクールも2回目です。「最近はツーリングよりサーキットを走る機会が増えました。」

〇バイクを用途別に4台所有と仰る相澤雪絵さん、今日の愛車はTriumph daytona 675Rです。「台風で中止になった秋吉RSに申し込みました、だから今回TMCSスクールは初参加です。」日本海間瀬サーキットが本拠地で、耐久レースにも参加されているそうです。

〇CBR-600RRでご参加の波多野光平さん、バイク歴は30年ですが、サーキット歴は4年。サーキットライセンスを取り色々な走行会で走っていましたが、そろそろちゃんと習わなきゃ、とスクール初参加です。「テレビに出ている方に会えて嬉しいです。」

〇TMCSスクール参加2回目、筑波サーキットも2回目と仰る柿沢正治さん、GSX-R1000でのご参加です。いつもはスポーツランド山梨を走っています。「ショートコースなので勉強にはなりますが、筑波のコース2000はやはり広々としてのびのび走れてとても楽しいです。」とのこと。初参加の時からDクラス(上級者クラス)です。

ご参加の皆さん、ありがとうございました。

次回は11月23日(祭)青木宣篤ライディングスクールでお会いしましょう。

TMCS振興会 青木宣篤ライディングスクール

世界GP500クラスやmotoGPクラスで活躍し、現在はスズキmotoGPテストライダーを務める青木宣篤がメインインストラクターを務めるスクールです。参加者をスキル別に4つのクラスに分け、それぞれのクラスには担当のサブインストラクターが就き、そしてそのスキルに見合ったきめ細かい親切丁寧な指導を行うライディングスクールです。サーキットビギナー&女性ライダーからベテランまで大歓迎。

●日時、場所    :

平成29年11月23日(祭)雨天決行 8:00~16:00

筑波サーキット コース1000

茨城県下妻市村岡乙159 TEL0296-44-3146

●主 催      :

一般財団法人 筑波モーターサイクルスポーツ振興会

(TMCS振興会)

TEL048-959-4036 FAX048-969-4436

スクール事務局 : TEL050-1247-8705
TEL / FAX   03-3533-4918
e-mail info@t-mcs.com

  • 参加費用     :12,000円(昼食、保険料込)
  • 参加定員     :60名(定員につき締切となりました。
  • 参加条件     :

装具は革ツナギ(セパレート可)、脊椎パッド、革グローブ&ブーツ、フルフェイスヘルメットの着用 車両は126cc以上でスクーターを除くオンロードスポーツ車。CBR250Rなどのレーサーも可ですが、簡易スタンドなども用意のこと。

また参加にあたり当該の二輪免許が必要となりますが、サーキットライセンスは必要ありません。

  • 参加申込方法   :

参加申し込み用紙をダウンロードして必要事項すべてに必ず記入、署名捺印の上、参加費を同封して現金書留で下記まで送付してください。

104-0052 東京都中央区月島3-1-2-404

一般財団法人 TMCS振興会 スクール事務局

スクール事務局 : TEL050-1247-8705
TEL / FAX   03-3533-4918(担当:川島知子)

  • 記入上の注意   :

メールアドレスをご記入の方にはエントリー受付の返信メールを差し上げますので、記入を推奨いたします。英数文字は分かり易いようにご記入ください。
紛らわしい記述: l  英字エル、1 数字イチ、o 英字オー、0 数字ゼロ、s 英字エス、5 数字ゴ、ハイフン、アンダーバー、等々)
携帯メールアドレスご記入の場合、@t-mcs.com を迷惑メール指定にならないように設定してください。

●未成年者    :

未成年者の参加については親権者の承諾印、スクール当日に親権者の同行が必要です。詳細は事務局にお問い合わせください。

●その他     :

受講後に筑波サーキットライセンスが取得できます(要追加料金)。当日は簡単な車検を行いますが、サーキットの走行規定などをクリアできない場合は走行ができない場合もありますので、万全の事前準備をお願いします。

※参加費は降雪などでスクール中止の場合を除き、理由の如何を問わず返還は出来かねますのであらかじめご了承下さい。

またスクールの参加受理書はスクール開催日の10日前に発送致します。

メインインストラクター  :青木宣篤

サブインストラクター:坂田和人 梨本 圭 高田速人
五百部徳雄 川島賢三郎 小室 旭 松田光市    笹原隆男

特別講師:神谷 忠

タイムテーブル(予定)

●8:00~8:45 参加受付
●8:50~9:20 開校式/座学
●9:30~9:40 Gr.A走行1 慣熟先導走行
●9:40~9:50 Gr.B走行1 慣熟先導走行
●9:50~10:00 Gr.C走行1 慣熟先導走行
●10:00~10:10 Gr.D走行1 慣熟先導走行
●10:10~10:20 青木宣篤 ワンポイントレッスン
●10:25~10:45 Gr.A走行2 高速先導走行
●10:45~11:05 Gr.B走行2 高速先導走行
●11:05~11:25 Gr.C走行2 高速先導走行
●11:25~11:45 Gr.D走行2 高速先導走行
●11:45~11:55 青木宣篤 エキジビション走行
●11:55~12:45 昼食
●12:50~13:10 Gr.A走行3 フリー走行
●13:10~13:30 Gr.B走行3 フリー走行
●13:30~13:50 Gr.C走行3 フリー走行
●13:50~14:10 Gr.D走行3 フリー走行
●14:10~14:20 青木宣篤 ワンポイントレッスン
●14:20~14:40 スタートスキルアップレッスン
●14:40~15:00 Gr.A走行4 フリー走行
●15:00~15:20 Gr.B走行4 フリー走行
●15:20~15:40 Gr.C走行4 フリー走行
●15:40~16:00 Gr.D走行4 フリー走行
●16:00~閉校式 青木宣篤 ファイナルミーティング

※各走行後にはピットでインストラクターのQ&Aタイムを設けます。積極的にご質問ください。

※このタイムテーブルは転倒等のアクシデントで、時間変更や走行時間の短縮がなされる場合があります。

※走行中、または走行後に気分が悪くなったり体調が優れなかったりしたら、すぐに走行を中断してください。フルに走る必要はありませんので、遠慮なく事務局に申し出てください。